平成30年北海道胆振東部地震参戦レポ

(タイトル不謹慎ですが中身大まじめです)

最近aqoursのイベントがあるたびにラブライバーは災害と隣り合わせの状態になっているだろう。勿論これは9人が悪いのではなく天災はどうしようもないっていう話。あまり触れられていないトピックだと思うのでここで自分の備忘録にする意味も含め記録を残しておこうと思う。

 

<今回の現場>

f:id:tadecharizardx216:20180907212731j:plain

9月6日3時7分に北海道胆振地方を震源としたマグニチュード6.7、最大震度7(厚真町)を記録した大地震。これにより、9月9日に控えていたAqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー札幌公演は中止。ニトリ文化ホールは9月閉館が決まっているため振替公演に関しても未だ見通しが立っていない。また、千歳市鈴木愛奈さんの実家「太陽の恵み」があることもあり心配をした方も多いだろう。今回の地震で際立ったのが大規模な停電の影響。震源地付近にあった厚真町は北海道電力の火力発電の重要拠点であったため回復に大きな時間を要した。

 

<レポ>

課題やって満足して布団に倒れ込んで暫くしたあとだったと思う。初期微動で起きたのかそれとも本能的に起床したのかわからないが起きたらすぐカタカタ揺れてた気がする。と思った次の瞬間にはもうスマホの警報がジリジリ鳴りだし初めて”身の危険を感じる揺れ”というものに襲われた。棚が激しく揺れ自分が寝ているロフトも大きく揺さぶられた。「これはもしかすると終わったな」と思った。幸いスマホは電波がつながっており確認したところ震度5強だったという。

 

被災当初の状況をまとめると、

・電気 ×

・水道○

・ガス-(カセットコンロはあり)

・家屋の損壊なし

・車○

・食品○(食料調達したが電気復旧までの2日間はもともとあったもので済んだ)

 

水道が生きていたのとカセットコンロがあったのがあとから見るとかなり救いだった。ガスボンベは新品のものが3本ある状態。また、車のガソリンが満タンに近い状態であったためスマホの充電も容易であった(電波は酷かった)。

 

① 〜9/6 7:30頃

 震災直後からオタクで良かったと思う瞬間が訪れる。大阪公演後にもよく拡散されていたが、ラブライブのブレードが4本家にあったため灯に関しては殆ど不自由しなかったのである。

f:id:tadecharizardx216:20180908053501j:plain

水入れたペットボトルとブレードのコンボはやはり最強です。ただし色にも注意が必要で、赤青緑の3色が一番消費を抑えられていいそうです。最初明るいからってヨハネ色にしてたけど白はむしろかなり電池食うらしい…

f:id:tadecharizardx216:20180908063649j:plain

f:id:tadecharizardx216:20180908063650j:plain

f:id:tadecharizardx216:20180908063653j:plain

(困惑してあわてふためく3年二人を曜ちゃんがカバーしてそう)

 

さて、灯を見つけたので体勢をととのえることに。水道が生きていたのであるだけのペットボトルに水を溜め、お風呂にも水を張った。東日本を経験した友人の勧めであったりいつ断水が来てもおかしくないしということでのことだった。カセットコンロがあったので圧力鍋でご飯を炊けたし卵を調理することもできた。ひとまず朝はやり過ごせた。Twitterを眺めてるとセブンが営業してるとの話だったので家を飛び出した。が、既に時は遅くインスタント食品一部を除いてほぼほぼ食品は底をついていた。とりあえず、

スポドリ

・焼き弁(道民ネタ、わからない人はググって。そして北海道来たら一回食べて)

・インスタントのみそ汁

・お菓子

を買いそろえて帰宅。信号機が死んでて事故が怖いのでのでなるべく信号を避けてコンビニに向かった。

 

一通り準備を終えたところで疲れてしまい昼まで爆睡。

 

② ~9/6 16:30頃

 焼き弁で昼を過ごす。あったかいものが食べれるのはアドが大きかった。車ガソリン満タンだったこともありスマホの充電を損なわずに済んだ。電波が戻ってLINEを確認したところ、太陽の恵みが無事であったことと札幌ファンミの中止を確認。ここでだいぶメンタルをやられた。停電が治る見込みもなく夜へ。

 

③ 9/6  〜寝るまで

f:id:tadecharizardx216:20180908071155j:plain

携帯型ラジオを発見できたので一安心。スマホが落ちても情報が入るようにラジオをつけておいた。充電サービスや給水、停電情報等は重要である。カセットコンロで鍋で肉や野菜を煮て空腹はしのげた。いつまで食料の供給ない状態かわからないので、まず冷蔵庫の中から消費。生ものにはひとまず火を通しておく。

 

 

④ 9/7〜夕方

父が出張だったので夕方まで不在だった。日付が変わった8時ごろにだいたい道内の4割程度の電力が復旧。この時間帯になると国道沿い、幹線道路沿いの建物には電気が通っており、一丁隣は電気が通ってるのに…という状態。ひたすらラジオとTwitterで情報収集するけどそれ以降約半日北電の8時の情報から更新されず。空腹には悩まされなかったが、この辺で結構メンタルはやられてた

ラジオもブレードも単4電池なのでこの時点でかなり消耗しており特にブレードは灯が弱くなり何色か出なくなっていた。単4電池のストックがかなり重要なのだと痛感した。

 

⑤ 9/7夕方〜電気回復まで

完全に気分が沈んでいたが、逢田梨香子さんのclubブログ読んで想いよひとつになれを聴いたら完全に立ち直った。スマホの電池がかなり厳しくなっていた。充電サービスのあるところは5時までで終了のところとかが多いし混雑時は30分だけという時間的制約もあるので、車があったら車で充電するのが一番いい。ノートPCの電池残量にゆとりがあるならそれでつなぎとめてもよし。

6時くらいに出張だった父が帰宅し、単4電池のストック回復。ここでもガスコンロで晩ご飯をすませ、停電まだ続くだろうし酒あけるか…

f:id:tadecharizardx216:20180908134249j:plain

って一缶空けたら隣の家で電気ついたので、ためしに電気をつけてみたら灯が。これにてひとまず終戦となった。冷蔵庫をかれこれふつかほど電源ない状態で使ってた訳でが、開かない努力をすればあんがい中はひんやりしておりビールもいうほどぬるくはなかった。

 

<考察>

今回は実家だからこそなんとかできた局面も多い。万が一遠征先でこれだとどうなっていたかわからない。ただ、普段イベントに行く際に気をつけられることとしては、

・(たとえ開催場所が埼玉メットライフとかでなくとも)控えバッテリーを忘れない、満タンにしておく

・ブレードの控えの電池を忘れない。単4電池はいろんな場面で効いてくる可能性がある。色は推し色にしたいけど電池の持ちを考えて赤青緑推奨!!

・宿泊先の周囲のコンビニやスーパー、ドラッグストアを把握しておく。場所によっては自家発電等でなんとか商品を提供してくれるところもある。

・携帯ラジオはあったほうがいい、スマホをつけなくても情報が入ってくる。

・車のガソリンに普段から気をつけておくといざと言うときに充電できる。

・水道が生きていればとにかく水の確保に徹する。灯にも鳴るし避難生活にも必須なので。風呂に水を張る。

 

などがあると思った。遠征する際は交通手段や会場に関する情報に限らずその地域野全体像を把握しておくのが初期対応に大きく効いてくることが考えられる。

 

長文ですみません。お役に立てれば幸いです。

 

(4thのときはこういう話来ないでくれ…)