HAPPY PARTY TRAINER

ポケモンとラブライブ

ラブライブ!サンシャイン!! 2期を振り返る。

ついにラブライブサンシャインが最終回を迎える。かなりギリギリではあるが、気持ちをもっていきたい人に向けて書いていこうと思う。(アニメ始まるまでに読み切れる量だと思う)

※この区切り方はあくまで個人の独断と偏見(?)によるものです。

1.もう少しで見つかりそうな、手が届きそうな自分たちだけの輝きを探して。9人の普通怪獣の決意。(1~5話)

〜メンバー同士がよりしっかりとつながり、学校説明会と予備予選に臨む〜

f:id:tadecharizardx216:20171230162859j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230162909j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230162914j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230162918j:plain

地区大会で惜しくも敗れてしまったaqours。鞠莉の父の決定で来年度の生徒の募集を辞めることが決まり、学校説明会の中止を言い渡され焦る千歌たち。もうどうしようもない状況だが、「まだ何もしてない、最後まであがく」という9人の決意は同じだった。次のラブライブで優勝し、学校を存続させるという「奇跡を」起こすことを誓ったのであった。0から1へ、1から10へ,10から100へ。入学希望者を集めるため、9人の普通怪獣の勝負が始まるのだった。

「起こそう奇跡を!足掻こう最後まで!」

 

 

目標が定まった9人だが、実はぎこちない距離感だった様子。いざ曲作り!となってもなかなか進まない様子。1、3年組と2年生組で別れて曲を作ることに。最初はバラバラでまとまらない6人だが、だからこそ重なりあう良さがあるのだと気づき、曲が完成。

雨降って地固まる、そして雨の後には虹がかるのであった…

 

f:id:tadecharizardx216:20171230171059j:plain

 

 

 

 

f:id:tadecharizardx216:20171230173210j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230170528p:plain

予備予選を乗り切り、モブ内浦のみんなの助けもあって学校説明会に駆けつけ、パフォーマンスを無事終える。君ここが激アツすぎた…

 

 

他にも、

f:id:tadecharizardx216:20171230173543p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230173614p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230173644p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230173720p:plain

 

自分の他メンバーとの距離に悩みがあったダイヤさんちゃん。よしりこ回で梨子ちゃんが犬克服したり。以降ちょいちょいよしりこが各回挟まれていくのであった(公式さん推してるのかってレベル)

 

 

 

2.突きつけられた絶望を受け、9人が向かう先は。(6話〜9話)

〜地区予選優勝、しかし… HAKODATEと卒業の二文字〜

f:id:tadecharizardx216:20171230174222p:plainf:id:tadecharizardx216:20171230174236p:plainf:id:tadecharizardx216:20171230174423p:plain

 

f:id:tadecharizardx216:20171230174954p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230175012p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230175026p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230175035p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230175408j:plain

 

地区予選が廃校阻止へ向けたラストチャンス。過去の失敗が理由である振り付けをやることを躊躇う果南ちゃんだが、「本気になるときは今だ」と思い千歌にロンバクの振りを託す。「まだ何もできてない!!」上手ずに悩む千歌を2年生を始め他メンバーが励ましたのもあって、難度の高い振りも成功し曲が完成。「普通怪獣ちかちー」はもはやただの普通怪獣ではなかった。

「みんな、信じてくれてありがとう…」

地区大会はみごとに優勝!!しかしあと一歩及ばず、生徒の「募集停止」が決まってしまう…

廃校を阻止するつもりだったのに、その目標が消えた今、本当にラブライブへ向けて努力する意味はあるのか…悲しみと絶望とで曇るメンバー。しかし、応援してくれる生徒の一声で、自分たちが掴みにいきたい輝きに気づくのだった。羽の色がaqours色に変わったのだった…(1期の、μ'sを追ってた頃とは見つけた答えが違うことの暗示)

 

じゃあ救ってよ!!

ラブライブに出て、優勝して!

それだけが学校を救うって事?
ラブライブで優勝して欲しい!私達の為に!学校の為に!
この学校の名前を残してきて欲しい!

aqours」が、「浦の星女学院」があったこと。"未来の僕らは知ってるよ"

学校の名前を刻むため、夢の舞台へ向かう9人だった。ここにきてOPのタイトルが響くんやな…

 

 

f:id:tadecharizardx216:20171230190513p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230190525p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230190601p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230190809j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230190807j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230190811j:plain

 

地区大会ゲストとして北海道へ招かれたaqoursSaint Snowと再会するが、不甲斐ない結果に複雑な心情に。聖良は3年ということもあって今回が最後のラブライブ。これを受け、黒澤姉妹をはじめ、3年生の卒業が強く想起される。廃校阻止という目標が消えたaqoursラブライブという目標が消えたSaint Snowaqoursは優勝への思いを強め、Saint Snowも、「この2人だからこそSaint Snowだ、聖良の卒業後は解散し新たなスタートだ」という答えにたどり着き、決意を固める理亜であった。

(函館に聖地が来て道民の僕は発狂してた)

 

3.「やり残したことなどない」と言えるように。I live,I live Love Live days!!(10話〜13話)

〜卒業・閉校とその後、 学校のため、輝きを見つけるため、決勝へ〜

 

f:id:tadecharizardx216:20171230194126j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194128j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194130j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194132j:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194235p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194244p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194247p:plain

 

ラブライブ決勝が近づくと同時に、閉校だけでなく3年生の卒業も迫ってくる。後悔なく残された時間を過ごせるように、今度は9人で星を見に行く10話、閉校祭を終える11話。早見表には、9つの流れ星が。

「私たちだけの輝きを見つけられますように…」

 

閉校祭のなかで、決勝へ向けて学校への思いを強める9人。涙を流して一歩及ばなかったことを謝る鞠莉、「ありがとうで終わろう」とそれを励ますダイヤ、9人、集った内浦の人たち。

 

やり残したことなどないそう言いたいね
 いつの日にか
 そこまではまだ遠いよ
 だから僕らは がんばって挑戦だよね

 

静岡新聞の絵もすごかった。大好きな内浦、浦女のために、最後の戦いへ。

 

 

 

 

f:id:tadecharizardx216:20171230194630p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194830p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194837p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194900p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194923p:plain

f:id:tadecharizardx216:20171230194944p:plain

 

ついに決勝へ。やっぱり決勝前は神田明神安定。再会したsaint snowの「勝ちたい?」という問いかけを受け、9人それぞれの募ってた思いが語られる。

「スクールアイドルとして、aqoursとして」勝ちたい3年生。 

「スクールアイドルに誘ってくれたこと、一緒に歌えること」に感謝する1年生。

「やっと千歌ちゃんと一緒に何かできる」、曜ちゃん

「選んだ道がこれで良かった、スクールアイドルがやりたい」、梨子ちゃん

他にも梨子ちゃんの想いよひとつになれ弾くシーンとかすごく印象的だった泣

 

MY NEW WORLD 新しい場所 探す時がきたよ
次の輝きへと 海を渡ろう
夢が見たい想いは いつでも僕たちを
繋いでくれるから 笑っていこう
今を重ね そして 未来へ向かおう!

 

今がなくなるのは辛いけど(廃校、3年生の卒業→aqoursの終わり?)、だからこそ限られた今を楽しもう(この辺すげえラブライブって感じ)次へ向かっていこう

文字通りaqoursの想いのすべてをぶつけたのであった…

 

いよいよ最終回、「私たちの輝き」とは…