HAPPY PARTY TRAINER

ポケモンとラブライブ

オタク・ポケモン勢が恋愛する上での矛盾

物議を醸しているこの話題について色々思うところがあるので書き出してみた。ポケモン勢でも恋愛経験のある人実際今恋愛してる人はいるので、恋愛は無理と言い切ることはここでは避けておく。

 

まず、基本的にオタクにとって恋愛はかなり不利対面であると思われる(その人次第というのはもちろんある)。その理由としては、

・オタクの悪いイメージがやはり払拭されない(ゆるいオタク、なんていう分野もできたわけだが依然として清潔感を欠くなど思われてところはあると思う。)

・自分の時間、お金が欲しい人たちなので、それらに関して相手に回す余裕が少ない。(アニメ関連で行くと声優の追っかけなら物販や移動に関するお金、ゲームをやり込んでる人であれば時間の消費はかなり大きいだろう。)

・閉鎖的である、あるいはそのようなイメージを持たれやすい

 

これに加え見た目や体格が悪い、陰キャぼっち、スペックが低い、コミュ障、発達持ち、ポンコツだから無理、などの声もなくはない(現に自分は全部該当してると思います)。これらに関しては個人によって話が変わってくる項目である。だからあまり触れないでおく。

 

では、これらの障害を乗り越え、少しでも相手を作れる確率を上げるにはどうすればよいか。答えは簡単である。

同じポケモントレーナー、アニメが好きなオタクを相手に選べばいい。

一緒にポケモンをすればお互い自分の時間をとれてなおかつそれを共有できる。そして何より楽しい。一緒にライブに行くことでも時間を共有できる。彼女だから、という理由で特別にそこだけに時間とお金を割くことをあまり心配しなくてよいのだ(物販のグッズの代金も全部出してって言ってくる人は話が別、断ち切った方がいいと考えられる)。完全に自分と同じ趣味でなくとも、理解を示してくれる人であればそれも安心だろう。あまり人に理解されづらいから悩みも共有できる。

 

 

たが、この机上論一番適切と考えられる回答にも問題点がある。

そんなに色々合致する相手は、滅多にいないということである。仮にいても、恋愛に関して諦念がある人が多いと見受けられる。自分は今21だが、年齢上がってくるとこれはより当てはまってくる事項だと思う。

あと、ついでにこんなものを見つけたから載せとく。オタク同士の婚活なるものがあるらしいが、ここにも障害がある。

f:id:tadecharizardx216:20171012124216p:image

値段が高い。根本的解決にならなくなっちゃう。

 

 

 

走り書きしたのでかなりツッコミどころ満載だと思うが、これらの障害を乗り越えてうまくいった人には、ぜひ幸せな生活を送ってもらいたい。

 

 

趣味との向き合い方

備忘録というか教訓というかそんな感じのものとして残しておこうと思う。

 

自分は大学生だが、大学生になって比較的時間にゆとりができ、ポケモンラブライブという二つのコンテンツを楽しんでいる。受験のストレスから解放されて、ポケモン熱が再燃した人は多いと思う。ポケモンは受験終わってからXYやって、大学入ってからORAS 出て厳選とか育成を始めた。ラブライブに関していうとサンムーン出るまでの暇つぶしにアニメ見たらどんどん良さがわかっていき、声優の活動追うようになって、こないだライブに現地参戦してきた。そんなレベルでハマっている。

 

ツイッター始めて繋がりが増えた。レートはまだまだ、グッズもそんなに集めてない、でもその二つが好きだったからこそ色んなつながりができたし、オフとかライブで本当に楽しい思い出ができたと思っている。

 

反面、リアルにおいて自分は孤立したり、リアルを疎かにすることが出てきてしまった。そういう失敗はしとくもんだよっていう意見もあるが、大きなお金のミスをしてしまったのである。勉学もおろそかになり試験落とすことも増えてきた。

 

趣味でできた繋がりって楽しいし生きがいにさえなる。でも、リアルを犠牲にしすぎるとその趣味も満足に楽しめなくなってしまう、そんなことを今回のこの一件で思った。リアルで信用失ったら本当に趣味どころではない。ポケモンはコツコツ継続的にやるものだし、ラブライブもずっとアニメ見てられるしゲームもある。でもコツコツ続けることとリアルでダラダラすることを一緒にしてると身を滅ぼすことになる。

 

 

 

 

 

今回の一件があったからポケモンやめます!育成済み個体譲ります!とは言いません、でもこれからはしっかりと罪を償いつつ趣味との向き合い方を考えていこうと思いました。

 

 

みなさんも気をつけて楽しんでってもらいたいと思います。21歳👊の主張でした。

 

 

サンムーンありがとうございました

f:id:tadecharizardx216:20170930194229p:plain

S6とやよい杯こんなの使ってました

リザ 最速鬼羽

マンダ 最速両刀、ナット一発で落とせるくらいc振り

レヒレ HBオボン

ミミッキュ 普通のAB

ナット  いつものテテフのめざ炎に合わせた調整

ウツロイド  臆病スカーフ

(ウツロの枠もとは後述するジュモクだった)

クチート多いしガルミミガッサ流行ってるし最速鬼羽リザはいいのではと思って使ったらレートではいい感じでした(大会では少しも刺さらなかった)。リザY、ガモス、レボルト意識でウツロイド採用したけど採用した瞬間当たんなくなって笑いました

 

自分はもう実戦する時間ないので誰かかたみに使って下さい泣

パーツは悪くないと思うんです泣

これだけは言わせて下さい、食わず嫌いしてたけど鬼羽リザ強い

 

とある知り合いになんでそんなに勝てないのって言われたのに萎えて見返そうと思ったけどちょっと無理でした

 

 

詳しく書いてないけどサンムーンレートで使ってて面白かった奴

f:id:tadecharizardx216:20170930201751g:plain 

格闘Zバンギラス  意地AS252

龍の舞 ストーンエッジ 噛み砕く けたぐり

 

バンギってポケモンミミッキュどうにかできれば強いと思いました。1舞けたぐりZでナットが飛ぶし、またけたぐり採用することでミラーにも刺さる

 

f:id:tadecharizardx216:20170930201725g:plain

 

身代わり蛍火デンジュモク

WCSで話題になったポケモンだけあって、崩し性能がすごかった。くりぷとんさんという方のブログを参考にさせていただきました。蛍火電気Zでなんとラッキー死ぬらしいです笑

 

 

f:id:tadecharizardx216:20170930203030g:plain

チョッキカプテテフ

yakkun.com

そのまま使ったけど、xが呼びまくる水フェアリーの切り返しにかなり優秀でした。今は襷とか増えてるけど

 

 

 

りるおふ以降めっきり勝てなくなった原因がよく分かりませんが、言い訳すると純粋に長いスパンで見てサンムーン入ってから予想の遥かにリアルが忙しく圧倒的にポケモンに割ける時間が少なかったのが一つ理由かもしれません。単純に自分対戦向いてないとも思うけどそれが理由でレート辞めることはないかと

勝てないから撤退するんでしょって言われたら何も言えませんでも流石に将来かかってて怖いので落ち着くまで休止という形をとります

 

 

7世代入って、サンムーンでてネットでもオフでも交流が増えて色々勉強させていただきました、ありがとうございました。次回作はもっとポケモンしてると思うんでよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

Aqours 2nd love live!!の思い出

下書きが消えて超絶萎えてましたが、かなりの部分覚えてるしツイッター見ればふつふつと思い出すことができるので、埼玉公演もすぐ近いことだし感想残しておこうと思います。埼玉参加する人はいけない僕の分まで楽しんでいただきたいと思います^^

だいぶ時間経ったけどそれもあってあえてここで投稿させていただきます。これを読んで「ライブはいいよ、アニメだけでいい」って人もかつての自分のように「行ってみようかな、ダメ元でも応募してみようかな」と思ってくれる人が増えてくれると、ラブライバー冥利に尽きます。

自分が参加したのは神戸公演の2日目。日程的にそこしか使えなかったからである。正直ライブまでは行かなくていいかなと思ってたが、1stのりきゃこの件とか、ツイッターで強くオススメされたことがあり一回本格的に追っかけてみようと思い参戦を決めた。LV行くか迷ったが現地でライブDT卒業したいというこだわりが芽生え、断念した。この選択が間違ってたとは微塵も思ってない(りきゃこむせたのは見たかった)

 

身近にラブライブ参戦するような知り合いはいなかったのでぼっちでの参戦でしたがフォロワーさんとエンカしたら物販一緒に並んだりで少しも孤独感は感じなかったですね(絡みありがとうございましたm(_ _)m  )

 

セットリストからいきましょうか、こんな感じ。

HAPPY PARTY TRAIN
ハミングフレンド

MC

少女以上の恋がしたい

空も心も晴れるから
Waku-Waku-Week!
G線上のシンデレラ

茶番劇

恋になりたいAQUAQIUM

MC

Daydream Warrior
スリリング・ワンウェイ

茶番劇

近未来ハッピーエンド

MC

海岸通りで待ってるよ

GALAXY HidE and SeeK

MC

INNOCENT BIRD

コワレヤスキ

MC

Shadow gate to love

幕間映像

青空Jumping Heart
SKY JOURNEY

MC

君のこころは輝いてるかい?

アンコール

サンシャインぴっかぴか音頭

MC

太陽を追いかけろ!

 

埼玉公演は公演時間がたしか他会場より長い(うろ覚え)、ラバストの限定販売の話などあるのでデュオトリオ初披露の可能性もあると思います!一度聴いていくといいのではないでしょうか。

 

 

じゃあ順を追って話していこうと思います!

座席はスタンドのB席でした。アリーナじゃないかあと少しがっかりしてましたがついた途端その無念は吹き飛んだ。メインステージと客席の中にもう一つサブステージがあるのだがその真ん中あたりだったのである。その上一番前列だったので実はかなり良席でした。開演まで待っている間もaqours楽曲が流れているわけですが、思いやひとつになれがかかった途端会場が桜ピンクのサイリウムに染まり一体感やべえなって思いました。

 

開幕ハピトレは予想通り。予想通りだがかかった途端興奮がやばかった、アドレナリン噴き出てた気がする。ダンスも歌唱力も完成度高くてびっくりしましたね、ユニカビジョンの1stライブの映像と比較してですがそう思いました。ラスサビの緑一色の景色がライブ参戦してるんだぞっていう自覚を強固なものにさせた。呆気にとられてて涙が時間差で出てきました笑笑

2曲目なんだろうと思ってたらハミングフレンドで歓喜。学年でまとまってて仲よさそうに歌ってた印象。観てるこっちも嬉しい。

 

ここで最初のMC。きんぐから始まる水の件が再び笑笑

あんちゃん「二駅目は!名古屋2日目えええええええええええええ」

会場「いえええええええええええええええ…えええええええええええええ!?」

開幕から腹筋が崩壊しました

各々いつも通りコーレスから。すわわのハグルーレットが一番面白かったっすね。アピールしてたのに自分に回ってこなくてがっかりするしゅかしゅーとそこにすかさずハグしにいくきゃん。ただひたすら尊い。ってかしゅかしゅーヨーソロー忘れてたよね?

 

 少女以上の恋がしたいは普段からきゅんきゅんしながら聴いてた。ありしゃのあの歌い方がすっごいかわいいんですけど、現地で聞けたのは本当に嬉しかったですね。

 

ここから学年曲パート。まずは2年生。ベンチに3人並んでるのをみてまずhand in handを思い出したよね。そしてなんと言ってもあの衣装ですよね、「夢で夜空を照らしたい」みたいなのを想像してたが真っ白な、ピュアな感じはあれはあれでって感じ。

次に1年楽曲。これから先も書いていくが今回のライブで自分の中で一番株を上げたのは1年生組である。とにかく1年生らしさ全開で可愛いオンパレードだったよね。この後のデイドリのキレッキレのダンスで大きくギャップを魅せられて無事死亡しました(とくに降幡職人)。

最後3年生組。G線上が来るのも1,2年生とshall we danceする演出もツイッターで拡散されてたからまあ知ってはいたけど、ちかなん・黒澤姉妹の組み合わせはデュオトリオ意識なのかな?と思った、同時に黒澤姉妹成分もらえて歓喜

 衣装がやばい、みんなご存知、あの衣装はやばい。ありしゃはなんかもう女神って感じでした。

 

茶番劇を挟み、AQUARIUM。ライブでこれを聴いてブチ上がるのを半年近く待っていた。イベントに参加するのが初めてでよく知らなかったがなんと衣装初披露!俺はなんて幸せ者なんだ

しゅかが完全に天女様でした。振り付けが可愛い一曲ですが、表現度高かった。興奮してそれどころではなかったので細かいところまで気づかなかった、ただしゅかソロのときの一面のライトブルーは強烈に焼きついてます。

 

ここでMC。とにかく面白かった。サンバの衣装みたいだよねって話になって踊り出すキャスト笑笑    

ウーパールーパーみたいって ありしゃの指摘に反撃するしゅか、踊り出すウーパールーパーコンビ笑笑

 

 

ここからの2曲が本当にえげつなかった、テンションが上に振り切れてました。デイドリはさっきまで少女以上の恋がしたいとか言ってた人たちがキレッキレのダンスしてるんだからギャップ萌え安定である。 特に記憶に残ったのはきゃん、ふりりんのぐうかっこいいダンスと「打ち砕かれたね」あたりのちかなん。ガチで打ち砕かれました。そしてその衝撃の後のスリリングワンウェイ である。

「私たち、輝きたああああああああい」

「うおおおおおおおおおおおおおおお」

激アツオンパレードである、会場のテンションか一番上がった瞬間だと思う。インパクトが凄すぎて細部までは思い出し難いが、最後のしゅかのソロと杏樹の「神戸行くよ‼︎」で完全に精神持たなくかったのは覚えている。生きる熱さ感じました、というかしゅかの声で大火傷です笑笑

 

ここからユニット曲、思ったことを列記していく。

・ユニット曲2ndシングルが来ると予想されていたがその通りであり個人的に嬉しいセトリでした

・CYRのノリが最初掴めなかった、途中から頑張ってついて行きました

・水飲んでる、いっぱい飲んでね♡

杏樹惚れてまうやろおおおお

・銀河かくれんぼは聴きたかった一曲、近くのトロッコに現れたのはきんぐ。今回のライブはきんぐにもぞっこんになってたのでまたテンションが振り切れた。

・銀河系かくれんぼ衣装紹介。後ろ見えるように回ってみてと言われてチューチュートレインするすわわ笑笑

・紅蓮のドレスから天使の衣装に切り替わったありしゃ、もはや女神である。

・新武器トリコリコキャンディとひも付きマイク?武装強化されてた

・コワレヤスキはもう完全優勝

・りきゃこの歌唱力、安定感すごいなって思った、あと鼻に指突っ込む体当たりな感じも本当に好感が持てた

・神戸牛じゃなくて但馬牛だよぉーwwwと観客引っ掛けようとしたのに自分たちが勘違いして引っかかってしまったギルキスクイズ笑笑

・きゃんのダメージパンツを隠す二人笑

・生で聴くあいにゃの力強い声と歌唱力は動画の何倍も響いてきた、あとりきゃこが思ったより背が高くなくて可愛いなって(だからこそああいうパフォーマンスはおおってなる)

 

 幕間映像(たしか練習風景)

ステージでの満面の笑顔とは一変した真剣なまなざしに、あらためてこの人たちすごいことやってるんだ、って思った。

 

 

この幕間映像から青ジャンつないでくるかって。あまりにも展開が激アツだった

特に感動したのは、オープニングのサイリウムいっぱいの中映像と、目の前でアイドルが演じててサイリウム振ってるっていう自分が今いる景色が完全に一致してるんだなあって思った時である。この曲が一番ラブライブ!を感じた時だったかもしれない。

SKY JOURNEYはしっとりした曲だけどライブ行ったら大幅に印象変わります。とにかくダンスキレッキレのかっこいい系統の曲です笑笑

そしてここでも、降幡さんがイケメン。

 

MC、「いよいよ最後の曲でーす!」「嘘やろ⁉︎」体感30分くらいだったのであまりに衝撃だった。最後何くるんや…

 

君ここまじかああああああああああああ

ここでそれはあまりにエモすぎるって感じでしたよね。ライブの終わりと、アニメ2期への予兆を感じさせる1曲、ここでそれもってくるのはギルティ。映像で予め見たことのある曲だったのですが、まだライバー歴が浅い自分でも明らかにわかった

 

終わっても鳴り止まない拍手、すかさず飛び出すアンコールの嵐。

これに関してはあまりにも早くからそれをやるのはどうなのって話があるし(いろいろ準備とかあるしキャスト焦らせることになる)自分もどうなのって思いました。まだまだラブライバーとしてにわかなのであまり大きなこと言えないけど、一度考えるべきかもしれません。

 

アニメははさんで再び登場して会場大盛り上がり。1、2のサンシャイーンコールできたのはクソ嬉しい。

サンシャインぴっかぴか音頭。あんちゃんの太鼓パフォーマンスとうちっちーが印象的だった。

「今日はね、バチが補強されてた笑」

 

最後のMCへ。この最後のMC何回も心停止してました。

・きゃん「あいしとーよ」

 うわあああああああああああああ(心停止)

・しゅか「神戸が大好きだあああああ」

 うわあああああああああああああ(心停止)

・きんぐは地元でこんなに楽しいライブできて楽しい、って感じでむしろ見てる側が幸せになった

・念願のすわわからのハグを受け取って喜ぶしゅか

 

で、ここからがすごかった。あんちゃんの挨拶、aqoursのリーダーはやっぱあんちゃんしかいねえよって思った瞬間。

完全に再現できてないだろうけどこんなことを言ってた、書きながら泣いてる自分がいる。これはギルキス3人が泣き出すのも無理はない。

「君ここ踊ったときに、メルパルクで初お披露目したのを思い出したんだよね、あれからこんなにaqoursを好きでいてくれる人が増えて奇跡だなあって思った」

ラブライブ!サンシャイン!!が大好きな人達がこんなにたくさんいるんだよ!!これって本当に凄いことだよ!!こんなに嬉しいことないよ、みんな、aqours大好きだよね?」

会場「いえええええええええええええええええええ」

「今日めっちゃ楽しかったよね?」

会場「いえええええええええええええええええええ」

 

何だこの愛情のぶつけあいは。世界一尊い瞬間に、立ち会ってる気がした。aqoursを追うのが遅すぎたと思うときがちょいちょいあったんだけど、この話を聞いて今すごく大事なターニングポイントにいることに気づきました。aqours応援しててよかった

 

同時にあんちゃんはこんなことも言っていた。

「客席からの光が、不安から安心へ変わった」

aqoursはかなり厳しいスケジュールの中活動してたのは皆さんご存知のことでしょう。きっとそれを乗り越えてaqoursは「μ'sの重圧を乗り越え、自信に変えていった」のかなあと。もうこの人たちは、μ'sと比較される必要なんてないんだ、そう思った瞬間でした。

 

 

 

ラストは太陽を追いかけろ。ライブ前日にツイッターを見たので対応できたのですが、

ばんごーう、1〜9って言ってったあと、普通だったらOK!ってくるところをあんちゃんは敢えていってないらしい(10!っていうコールを待ってる説)ので心づもりしておくといいと思います!!

1年生左側、2年生上のステージ、3年生右側みたいな感じでこれも学年わかれて楽しく歌ってた。とくに上段でスキップしながら歌ってる2年生組を見て終止ブヒブヒしてました笑

 

最後までキャストが手を振ってステージを降りていくのをみて、夢中で叫びながらこっちも手を振り返して閉幕しました。

 

とまあこんな感じでした。初のライブ参戦ということで、激アツオンパレードに気持ちがついていけてませんでしたね笑

幕間の茶番劇に関して言うと、花丸ちゃんのキャラが強かったのと、ダイヤさんがここにいる人はみんなコーヒー豆って言ったのくそおもろかった

「俺たちはコーヒー豆」

これ以降完全に僕はUCCコーヒー信者になったのでした。

細かいところまでは完全に目を向けれてなかったと思います(人の感想聞いてそうだったんだと思うこともあった)。ファンミ参戦するのでそのときはもっといろんなところに目を向けたいと思います!!

 

最後に、ライブ関係行く人はツイッターラブライバーとつながっとくと、情報がすぐ入ってくるし、仲良くなっとけば当日ぼっちにならないし、いいとこづくめです。お勧めします。あと、飲み物は大量にもっていきましょう。物販でもライブ中でも尋常でなく汗かきます。しゅかも言ってたけどきちんと水飲みつつ、いっぱい汗かこうね

 

えー、最後になりますが、まだまだライバーとして若い僕をにわかと言わずに温かく受け入れてくれて、当日エンカしてくれた皆さん、同伴してくれた方、ツイッターで情報提供してくれた方、缶バッジ交換してくれた方、そして何よりaqoursキャストの皆さん本当に素晴らしいライブをありがとうございました。

 

 

f:id:tadecharizardx216:20170927074015j:plain

 

 

 

 

 

ラブライブ! 個人的楽曲ランキング

最近いろんな人が書いてるのを見て、便乗しようと思ったので

 

〜μ's〜

1位 僕らは今のなかで

f:id:tadecharizardx216:20170920210143j:plain

ラブライブの楽曲全部とってもこの曲が一番好きです、歌詞の中にμ'sとかaqoursのあゆみ、ラブライブのすべてを集約した曲になってると思います

 

”夢が大きくなるほど(試されるだろう)
胸の熱さで乗り切れ(僕の温度は)
熱いから(熱すぎて)とまらない
無謀な賭け? 勝ちにいこう!”

 

ここめちゃいい。アニメ2期のラブライブ本戦のアンコールでかかっておおおおおおおってなる。

 

2位 Dancing stars on me!

f:id:tadecharizardx216:20170920215112j:plain

お前希推しだからだろ!って意見は否めないが純粋に曲とアニメの衣装・演出から2位はこの曲。サビの振り付けがかわいい、覚えやすい

希のウインクを永遠に見ていたい

 

3位 START:DASH

f:id:tadecharizardx216:20170920215752j:plain

無印編1期のアニメからラブライブというコンテンツにはまっていったけどこの曲によって完全に引き込まれました。最初アニメ見たときはこんなに楽曲がすばらしいと思っていなかった。まだラブライブ知らない人、だまされたと思ってアニメを見てこの曲を聴いてくれ

 

4位ミはμ'sicのミ

f:id:tadecharizardx216:20170920220912j:plain

μ'sらしさ全開でテンションがあがる曲。μ'sic foeverはきっとこの先も不滅のタグになるだろう。

 

5位 僕たちはひとつの光

f:id:tadecharizardx216:20170920221806j:plain

メンバー一人一人が歌詞の中に登場するのが無限に尊い。今が最高!ってフレーズがいいですよね。テレビで劇場版放送されたときライバーとキャストが一斉に10コールするあの雰囲気がすこれる。スクールアイドルであることにこだわり続けた結果、この曲をもって終わりにしたって考えると涙が止まらん

もっと早くからラブライブを知っていれば良かったと思うが、ラブライブのすばらしさに気づけた今が最高。

 

 

 

aqours編〜

f:id:tadecharizardx216:20170920223404j:plain

1位 Landing Action Yeah!!

aqoursのキャストも含めた「もっといろんな場所で伝えたい」というメッセージがひたすらに伝わってくる。みんなはソロパート誰が好きですか?俺はりきゃこ派

ファンミ参戦するからそこで聴くのが楽しみ。ライブ等では盛り上がること間違いなし

 

遠くから聞こえたよ ここにおいでって
誰の声かはわからない でも聞こえたよ
まだまだいっぱいあるんだ 話したいこと
待ってるだけじゃ伝わらない

 

とにかく外へ向かっていく感じがアニメともキャストの活動からも想起される。

 

2位 青空 jumping heart

f:id:tadecharizardx216:20170920225713p:plain

一番気持ちを前向きにしてくれる曲。1期オープニングと現地参戦したときのサイリウムの景色が重なって完全に今自分の中で神格化されてます。各々のソロパートがアニメとリンクしてるのもポイント

 

わからない、でもね、楽しそうだよ

 

 

3位

f:id:tadecharizardx216:20170920231137p:plain

これもライブ参戦するまで活動を追っていく中ではまった1曲。勿論テンポとかもいいのだがこの曲は歌詞の至る所に含みがあると言うかいろんな考え方が出る。受け取った次の夢とはμ'sから得た何かなのか、とかいろいろ考え方がありすぎる。

 

 

4位 想いよひとつになれ

f:id:tadecharizardx216:20170920231720p:plain

まずめっちゃ好きなのは衣装、振り付けもかわいらしい。ようちかがゼンリョクでブラッシュアップされているが3年制組、1年制組がソロで順に歌い上げていくところもアニメとリンクしてるところがありポイントが高い。

 

近づいたり離れたりだったね、うまくいかなくてずっと伝えられないことがあったよ

 

特に3年生、尊すぎる。9話までの3年生が想起されるこのフレーズ

1stライブのりきゃこのエピソードを聞いたのがきっかけでライブ参戦を決め、本格的にaqoursの活動を追うようになった。

 

 

 

 

5位 恋になりたいアクアリウム

f:id:tadecharizardx216:20170920233417j:plain

女神のごとき曜ちゃんと果南ちゃんのI love you〜中毒に注意。ただようちかの悦びに浸るだけの曲ではない。振り付けがどこまでもきゅんきゅんする。特に最初のサビ終わってからの足ちょこまかしてるあたりがかわいい。PV見ながら聴くのを強く推奨します。家虎?なにそれおいしいの

aqoursに対する大好きはもう隠せない

 

 

 

 

 

 

 

ユニット曲に関してはまた別の機会に。

ラブライブってコンテンツはアニメと楽曲がリンクしてて相互に深みをもたせてるから自分はここまではまったんだなあと書いてて思いました。ただの女の子かわいいアニメだけじゃないですよ。

 

いったんポケ活休止のため、サンムーンの振り返り

 

S5お疲れ様でした。まだ挑戦中の方はご健闘を。初めて1800の壁を越えて1814まで行きましたがそこからまた恐ろしく勝てなくなりました。600戦くらいやって強い人にも当たって楽しかった半分今までの時間が無駄になったような気がしなくもない

 

自分は11月後半に今後に関わる大きな試験があるのでS6はおそらく殆ど対戦ができないと思われるので記録として反省をまとめておこうと思います。

 

〜S1〜

リザードンが使えなくて泣いた。マンダとグロスが通りが良さそうと思いORAS同様2メガで組んだ。ガラガラをもっと動かせるように初めてトリルを入れてみた(貼るタイミングを誤るプレミも多かった)。

f:id:tadecharizardx216:20170910130352g:plainf:id:tadecharizardx216:20170910130705g:plainf:id:tadecharizardx216:20170910130517g:plain

f:id:tadecharizardx216:20170910130357g:plainf:id:tadecharizardx216:20170910130601g:plainf:id:tadecharizardx216:20170910130520g:plain

この構築で初めてオフ会(第8回りるおふ)に参加。リアルでポケ勢と話したり交流する悦びを知った。

その後いったんギャラドス軸を使うが全く勝てなかった。元の構築に戻し、変更を加えた。情報が出てから決めてたマンマンジバコレヒレ

 

f:id:tadecharizardx216:20170910132738p:plain

ORASで届かなかった1800めざしてたが1750でとまった。ウインディが強かったのと、レヒレガラガラは発売前から使いたいと思ったので実践登板させて楽しめた。サイクルパが一番自分に使いやすいと思ってたがその弱さを感じた時期

 

 

〜S2〜

f:id:tadecharizardx216:20170910131538p:plain

試験があってすぐ潜れず最後の方少しだけ戦った。カバリザテテフが強いと聞き構築を組んだが、砂パがつらすぎた。このころから環境についていけない感じが出てきていた。起点構築を上手く動かせなかった、初めて構築に入れたレボルトの動かし方が下手だったなどあって1700どまり。チョッキテテフ使ったけど流石の安定感だった。不意のZ技で勝てる相手にも勝てなくなった相棒を見てるのがつらかった。

 

 

~S3~

f:id:tadecharizardx216:20170910131545p:plain

完全に病み期に入る。さらにポケモンがわかんなくなる。1700どまりで終わったのは覚えてる。対戦に恐怖すら覚えてた。フーゲン合戦があり7世代初のゲンガー採用。スカーフテテフが怖くてずっと採用に踏み切れてなかったのである。

 

 

~S4~

 

f:id:tadecharizardx216:20170910134743j:plain

 ポケモチベが戻り始める。ツイキャスというものの存在を知り、ニコニコみなくなったひきかえに積極的に見に行ってた。環境の話を聞いて原点回帰してサイクルパを組んで使った。が、学校がクレイジーなレベルで忙しく10戦くらいしかやってない。HBオボンアシレはよきだった。コケコランドにはまるのはやはりリザではなくグロスだと思った笑

 ~S5~

f:id:tadecharizardx216:20170910132726p:plain

 大きく転機となったシーズン。原点回帰して初めて1700に行った時のパーティをアレンジするところから始めてみた。ABミミッキュという神ポケをパーティに入れ、やりたいことが見えてきたように思った。

対面性能高い駒にZを仕込んで、崩すことでサイクル回す起点を作り、サイクル持ち込んだりエースを動かしていくのが一つの筋になると思った。初めて並びでやりたいことがはっきりした構築かもしれない。自分の中ではまともに組めた方だと思ってる。

いろんなキャスや実況を見に行ったのもあるが、オフに参加したこと、ツイッターのFFの人と実際に会って意見交換したことがかなり効果があったように思う。第10回りるおふを終え、曲がりなりにも準優勝は嬉しかったし決勝で対戦していただいたレイクさんからは非常に多くの視点というか考え方を教わったように思う。

可能ならもっとレートを上げたかったが終盤勝ち方がわからなくなり(通せなくなり?)伸ばせなかった。1800乗せるっていう最低限の目標は成し得た。

 

 

 

もっと頑張れよって話だし頑張りたいですが秋にあるのは普通の試験と違って将来に影響しかねないので2ヶ月きっちり頑張ろうと思うので休止という形をとります。9月中は隙があればちょっとレートして、30日のやよい杯を最後に、2ヶ月ほど勉学に専念しようと考えてます。

 

 

USM発売直後に試験終わるのでその時また復帰します。 バトルスポットで会いましょう。

 

 

 

 

たでちん作品集

ツイッターのタグで便乗してやってみた

。レートの気分転換にお絵描きいいなって思いましたのでこれからもリクエスト随時募集します。ツイッター:@tadepoke216までどうぞ。

 

f:id:tadecharizardx216:20170901193134j:image

f:id:tadecharizardx216:20170901193146j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193918j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193931j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194011j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194036j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194122j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194107j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194505j:image[f:id:tadecharizardx216:20170901194534j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194706j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194715j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901195120j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901195131j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901195147j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901195205j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901195228j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901194522j:image

f:id:tadecharizardx216:20170901193158j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193208j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193221j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193232j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193247j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193303j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193319j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193333j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193353j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193406j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193507j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193518j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193534j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193610j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193618j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193625j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193732j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193813j:imagef:id:tadecharizardx216:20170901193834j:image